2010年01月19日

温泉マメ知識 その7 〜乳頭温泉郷 鶴の湯 白湯〜


秋田弾丸ツアー オマケ その2

温泉マメ知識です。


鶴の湯


の混浴露天風呂 白湯は 
旅館web site によれば、 含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素泉(硫化水素型)

なんでも入っていますね

成分豊富なので 



★ 効能は



美肌効果であったり、
血管を広げる働きによる皮膚血行を促進であったりでしょうか。
肌、そして、鼻、で温泉気分を味わいました。

お風呂ごとに、泉質が違うそうです。 詳しくは、→ 鶴の湯 web site

また、乳頭温泉郷の温泉で様々な泉質があるそうですから、今度は宿泊して、湯めぐりパスを使って、
いろんな 温泉に 浸かりたいですね。
posted by ebisu-roppongi at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉マメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

温泉マメ知識 その6 〜伊香保温泉〜

伊香保温泉

は硫酸塩泉


=================================

★ 効能は

硫黄、カルシウム、マグネシウムなどを含み
美肌効果、動脈硬化の予防などの効能があるといわれています。

=================================


伊香保温泉には湯の色が特徴の『黄金の湯』は、
湯の中に含まれる鉄分が空気に触れ、酸化して独特の茶褐色になっていきます。

刺激が少なく、肌に柔らかな湯のため、
伊香保温泉は療養や静養の地として多くの人を癒してきました。

また特に体を芯から温め血行を促すとして
女性に優しい『子宝の湯』として知られてきました。
posted by ebisu-roppongi at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉マメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

温泉マメ知識 その5 〜万座温泉〜

万座温泉

は硫黄泉

================================================

★ 効能は

硫黄が温泉の中に溶けているために、特有の臭いがあります。
血管を広げる働きがあり、皮膚血行を促進して保温効果を発揮します。

================================================


万座温泉は、1日540万リットルという豊富な湧出量を誇る硫黄泉
昔から、豊富な湯量に恵まれ、泉質は20種類を越え、名湯中の名湯といわれていました。
適応症も多彩で、昔から呼吸器病や胃腸病、リウマチや皮膚病に効能があるといわれ、
難病を治したというエピソードも数多く伝わっている。
さらに美肌効果も期待でき、女性にも圧倒的な人気を誇っている。


万座温泉は、
昔 万座プリンスの招待券をもらった際に はじめて行きました。
白根山の懐、標高1,800Mに位置し、濁河温泉とともに、通年自家用車で行くことができる日本最高所の温泉で「星に一番近い温泉」として知られています。
posted by ebisu-roppongi at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉マメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

温泉マメ知識 その4 〜伊勢志摩 浜島温泉〜

お伊勢参りとあわせて 泊まった

伊勢志摩 浜島温泉 プレミアリゾート 夕雅

はナトリウム塩化物温泉


=================================

★ 効能は

無色透明で、多少しょっぱい味がします。湯気を吸い込むことで気道を浄化する作用もあります。血行を促進し、湯上がりはぽかぽか。

=================================


プレミアリゾート 夕雅では 露天風呂で 海に沈む夕陽の眺めが楽しめました。


 ↓↓ ワンクリックお願いします。 
 blogram投票ボタン
posted by ebisu-roppongi at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉マメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

温泉マメ知識 その3 〜武蔵小山温泉〜

近場なのでよく通っている

武蔵小山温泉

黄金の湯はナトリウム塩化物強塩温泉

黒湯は、重炭酸ソーダ泉


=================================

★ 効能は

●塩化物泉は

無色透明で、多少しょっぱい味がします。湯気を吸い込むことで気道を浄化する作用もあります。血行を促進し、湯上がりはぽかぽか。
-----------------------------------------------------------

●重炭酸泉は

重炭酸土類泉と重曹泉に分かれます。
重炭酸土類泉はカルシウムやマグネシウムが主成分で炎症を抑え、
重曹泉は保湿性を高めます。

=================================


特に、武蔵小山温泉の、黄金の湯は塩化物泉ですが、全体的に黄土色
上総群層から湧き上がる古代海水温泉だそうです。
まろやかな感じがあって、癒されます。

また、黒湯は東京でよく湧いていますが、
名前の通り黒っぽい温泉
つるつるとしたややヌメリのある泉質です。
保湿性の高さから、美肌効果があり、女性に人気だそうです。

ただ、どちらの温泉も温度が低めなのが、個人的には残念です。


 ↓↓ ワンクリックお願いします。 
 blogram投票ボタン
ラベル:武蔵小山温泉
posted by ebisu-roppongi at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉マメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

温泉マメ知識 その2 〜道後温泉〜

先日出張で行った 松山

道後温泉

はアルカリ性単純温泉


=================================

★ 効能は

無色透明で無臭、刺激が弱いのが特徴です。
なめらかで、やわらかな温泉です。
疲労回復、皮膚病、神経痛、リウマチなどに効き、
お子様からお年寄りにもやさしいお湯です。

=================================


道後温泉は 日本人の肌に合うなめらかなお湯で、湯治や美容に、多くの人々から親しまれています。

坊ちゃん 夏目漱石 も楽しんだんでしょうね。


 ↓↓ ワンクリックお願いします。 
 blogram投票ボタン
posted by ebisu-roppongi at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉マメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

温泉マメ知識 その1 〜湯河原温泉〜

温泉には主に 以下のような 泉質があります

単純温泉

塩化物泉

硫酸塩泉

硫黄泉

炭酸水素塩泉


 私が、ちょっとした週末に出かける

湯河原温泉

        は塩化物泉


=================================

◎ 効能は

無色透明で、多少しょっぱい味がします。
湯気を吸い込むことで気道を浄化する作用もあります。
血行を促進し、湯上がりはぽかぽか。
 
=================================


湯河原温泉が 海に近いから しょっぱい というわけでもないそうで
山の温泉でも、塩化物泉はあります。
 
湯河原温泉は、さらさら透明無臭なので、
あんまり、温泉って感じがしないけど、
いつも湯上りはポカポカで汗が引かない.

本当に 効能書きの通りだなぁひらめき

 ↓↓ ワンクリックお願いします。 
 blogram投票ボタン
posted by ebisu-roppongi at 17:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 温泉マメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。