2009年12月29日

坂の上の雲 第5話 これも ふんどし

NHKのスペシャルドラマ 坂の上の雲 第5話

第5話でも、松山のシーンや、裸のシーンが意外とあります。  

ふたたび、

本木雅弘 ふんどし一丁

すごいですねexclamation×2

NHK露出多すぎ。
並んでふんどし一丁を披露していた藤本隆宏(広瀬武夫)と比べると、本木雅弘の肉体美はすごいです!

でも、調べるとこの藤本隆宏さんは、バルセロナオリンピックの水泳選手だそうです。
水泳選手はむきむきマッチョじゃないですね。


 ◎ 今回の道後温泉での 入浴シーン は 

小澤征悦(夏目漱石役)

いわずとしれた 小澤征爾の甥っ子です。


道後温泉本館 神の湯 で入浴していました

posted by ebisu-roppongi at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) |  松山 道後温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

坂の上の雲 第3話 ヌード満開!

NHKのスペシャルドラマ 坂の上の雲 第3話

第3話でも、松山のシーンが意外とあります。  

そして、

本木雅弘 ヌード満載

本木雅弘 ふんどし一丁

本木雅弘 入浴シーン in 道後温泉本館 神の湯

すごいですねexclamation×2

とても、もうすぐ44歳 とは思えない活躍ぶり

第1話で本木雅弘は上半身裸まででしたが、
道後温泉での 入浴シーン 出てきましたね。
ついでに、伊東四朗も入浴してました
本物の、道後温泉本館 神の湯 でのロケのようですね。
ついでながら、私も、この間、入浴しましたわーい(嬉しい顔)

posted by ebisu-roppongi at 10:52| Comment(0) | TrackBack(1) |  松山 道後温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

坂の上の雲 第1話

NHKのスペシャルドラマ 坂の上の雲 第1話

土っぽい感じがうまく出てて、明治維新の松山が描写されています

本木雅弘や香川照之が、旧制中学生のところから 役を演じるが、土っぽい感じもあいまってか アラフォーを感じさせない。

スゴいね!


第1話の舞台は愛媛・松山が中心なのですが、昔のものだから、リアルに松山じゃないでしょう。
エンドロールでも、撮影協力に 長野とか 天草とか 会津若松とか あるので
それなりの 味がある ロケ地が他にあるのでしょう。

ただ、若者を東京に送り出す 港は さすがに 松山 なのでしょうか?


いずれにしても、道後温泉でのロケやシーンはなかったです

そもそも 道後温泉 が この時代に今の雰囲気で 存在しているのでしょうか?

本木雅弘の上半身裸ショットはあったけど、 道後温泉での 入浴シーンがあっても おもしろいですね。
posted by ebisu-roppongi at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) |  松山 道後温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

道後温泉と坊ちゃん @松山

ぴかぴか(新しい)前泊で出かけた出張の夜に
 やってきましたるんるん
道後温泉本館

(湯船は撮影禁止なのです。)
1階の 神の湯 は 夜 11時までやっているので、
1泊2日の出張でも 行けます。

残念なのは、帰りの電車が最終が終わってしまったので、タクシーで帰ったこと。

とはいえ、わりと近い 勝山町にある プレミアイン松山に宿泊したので
タクシー代も 800円程度に収まって、よかった♪

浴室内の注意書きに
坊ちゃん泳ぐべからず

とあったけど
思わず泳いでしまいました。

ちょっと、 深めの浴槽なのです。



道後温泉のシンボル、道後温泉本館は、明治27年に建築された三層楼のどっしりしたもので、近代的なホテルや商店街の中にあってひときわ風格ある姿を誇っています。
 浴場は二種類あり、1階の大浴場を神の湯、小さい方を霊の湯といい、浴槽は花崗岩でできています。
 泉質は、アルカリ性単純泉で、日本人の肌に合うなめらかなお湯。湯治や美容に、多くの人々から親しまれ、明治以来の伝統として暖かい落ち着いた感じを保持しています。
 この道後温泉のいいところは、道後に泊まらなくても外湯を楽しめること。もちろん道後の主な旅館やホテルには引湯をしていますが、手ぬぐい片手にわざわざここまで来る人も少なくありません。ここには毎朝一番風呂に入ろうと、時を告げる太鼓の音を待ち構えている「朝湯会」のお年寄りや市民たちがいますが、長い間道後のお湯で肌を磨いてきたせいか、つやつやと顔色もよく元気そうです。こうした地元の人の伊予なまりを聞きながらのんびりお湯に浸るのも、また旅情が感じられていいものです。
 2階には、霊の湯のほかに、神の湯を利用する人のための広間(脱衣場)があります。湯玉印のゆかたを貸してくれ、湯上がりには、炭火で沸かしたお茶が、天目茶碗に入れられて出てきます。
 また、「又新殿」をはじめ、夏目漱石ゆかりの「坊っちゃんの間」、俳人・河東碧梧桐の書軸などをおさめた「展示資料室」があり、観光客の人気を集めています。
【道後温泉物語】
posted by ebisu-roppongi at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) |  松山 道後温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHKドラマ 坂の上の雲 は 11月29日から

松山の町の至るところに

今月11月29日(日)から始まる  (2011年まで3部構成)
NHKスペシャルドラマ 坂の上の雲 のポスターがあります


阿部寛 が  秋山好古 (兄)

本木雅弘が  秋山真之 (弟)

香川照之が  正岡子規 (兄)

菅野美穂が  正岡律   (妹)

  を演じます。

過去に例を見ない大作だけに 是非見てみたいです るんるん


「坂の上の雲」は、司馬遼太郎が10年の歳月をかけ、明治という時代に立ち向かった青春群像を渾身の力で書き上げた壮大な物語です。発行部数は2,000万部を超え、多くの日本人の心を動かした司馬遼太郎の代表作でもあります。
 今回、国民的文学ともいえるこの作品の映像化がNHKに許されたのを機に、近代国家の第一歩を記した明治という時代のエネルギーと苦悩をこれまでにないスケールのドラマとして描き、現代の日本人に勇気と示唆を与えるものとしたいと思います。
 21世紀を迎えた今、世界はグローバル化の波に洗われながら国家や民族のあり方をめぐって混迷を深めています。その中で日本は、社会構造の変化や価値観の分裂に直面し進むべき道が見えない状況が続いているのではないでしょうか。
 「坂の上の雲」は、国民ひとりひとりが少年のような希望をもって国の近代化に取り組み、そして存亡をかけて日露戦争を戦った「少年の国・明治」の物語です。そこには、今の日本と同じように新たな価値観の創造に苦悩・奮闘した明治という時代の精神が生き生きと描かれています。
 この作品に込められたメッセージは、日本がこれから向かうべき道を考える上で大きなヒントを与えてくれるに違いありません。
【NHK 企画意図】
posted by ebisu-roppongi at 17:00| Comment(0) | TrackBack(1) |  松山 道後温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

坂の上の雲ミュージアム

坂の上の雲は
NHKドラマだけでなく、 ミュージアムもあります。


小説 坂の上のストーリーを展示で追いかけていくもので、
小説の世界にどっぷり浸れる 小一時間でした。


個人的には、茂本ヒデキチさんのイラストによる、描写がよかった。



茂本ヒデキチ
1957年愛媛県松山市生まれ。墨絵イラストレーター。
東京在住。大阪芸術大学デザイン科卒業。デザイナーを経てフリーイラストレーターに。
日本の画材「墨」によるドローイングを得意としそのスピード感あるタッチでミュージシャン、黒人、アスリート等墨絵では描かれなかったモチーフを取り入れた墨絵(掛け軸)は日本国内はもとよりニューヨークでも話題を呼び。海外からのオファーも多い。また同時に、個展やイベント会場でその場で墨絵を仕上げるライブイベントを展開。短時間で数枚同時に描くスタイルを確立した。

【ミュージアム内の展示の説明文より】



posted by ebisu-roppongi at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) |  松山 道後温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

坊ちゃん列車 @松山 道後温泉

実際には乗らなかったけど、
坊ちゃん列車は道後温泉の駅に展示されています。

ちょっと 暗すぎかも。。。


道後温泉駅 周辺は 浴衣の人ばかり で
何とも風情があります。
posted by ebisu-roppongi at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) |  松山 道後温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

松山 路面電車の車内

松山の路面電車はレトロな味
MA320117.jpg


MA320118.jpg










乗らなかったけど、坊ちゃん列車はシブい 煙突から煙でてるし
posted by ebisu-roppongi at 19:32| Comment(0) | TrackBack(1) |  松山 道後温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

坊っちゃん列車にゆられて @松山


今日は 出張で 松山です

飛行機結構こんでたな。

松山 人気なのかな?

坊っちゃん列車で道後温泉行くのもいいし、

坂の上の雲 って NHKのスペシャルドラマもはじまるし。

11月29日(日)から、5週連続放送。
posted by ebisu-roppongi at 23:26| Comment(0) | TrackBack(1) |  松山 道後温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

松山道後温泉の旅

ブログにアップが遅れていたが、この間 出張で愛媛県は松山に行った。
この前の熊本と同様に、松山はいい街だ。

さらに、人がいい。
お客様も大変ご機嫌で、僕の今期の業績に力強く貢献してくれそうだ。
そして、また松山に行く機会ができる。相乗効果↑↑

お昼にJR松山駅で食べたジャンボエビフライは良かった。
一緒に行った同僚は気持ちよくビールをやってた。

でも松山といえば、やっぱり道後温泉 あの温泉もいいし 周辺の歓楽街は最高だ↑
また行かなくちゃ♪

泊まったのは、最近オープンしたプレミアイン松山 新しくてきれい
デスクも十分なスペースがあって、デスクワークにもストレスが無い。

また 泊まろう♪♪
posted by ebisu-roppongi at 22:05| Comment(0) |  松山 道後温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。